立松和平さんと1000人が最後の別れ…偲ぶ会(スポーツ報知)

 2月8日に多臓器不全のため亡くなった作家・立松和平さん(享年62歳)を偲(しの)ぶ会が27日、東京・青山葬儀所で営まれ、一般参列者を含む約1000人が長蛇の列をつくって焼香し、別れを惜しんだ。100冊近くの立松さんの著書が展示された斎場では、親交のあった歌人で住職の福島泰樹氏が読経。北方謙三氏、三田誠広氏ら作家7人が弔辞を読み、別れを惜しんだ。北方氏は「作家としての惨めさも共有した唯一の友人だった。いつかまた、どこかで飲んで若かった日のことを語り合おう」と弔辞を締めくくり、参列者の涙を誘った。


 【関連記事】
多臓器不全 立松和平 青山葬儀所 を調べる

爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
高崎山リーダー猿、在位最長記録を更新(読売新聞)
線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
労組事務所を使用不許可=「市民の場に利用」と説明−鹿児島県阿久根市(時事通信)
【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)
[PR]
by u2h3rd1n4v | 2010-03-31 21:02