前副知事後任に東京事務所長、福岡知事が方針(読売新聞)

 福岡県の麻生渡知事は、県町村会による贈収賄事件に絡み収賄罪で起訴された前副知事・中島孝之被告(68)の後任に、牛尾長生(たけお)・県東京事務所長(60)を起用する方針を固めた。

 26日午後、県議会最終本会議に人事案を追加提出し、同意を求める。

 牛尾氏は農業経済課長、農政課長、保健福祉部次長などを歴任し、2007年4月から部長級の現職に。中島被告は昨年12月、町村会幹部による裏金を使った接待疑惑が発覚し、3期目途中で辞任した。

 麻生知事は26日、今月末で任期満了を迎える元県立高校長の海老井悦子副知事(63)の再任案も議会に提出する。これで前県総務部長の山崎建典副知事(61)を含め3人の副知事体制に戻る見通しとなった。

呼吸ケアチームの認定看護師、「集中ケア」分野など想定(医療介護CBニュース)
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)
神戸連続児童殺傷、元少年から謝罪の手紙(読売新聞)
<鳩山首相>水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」(毎日新聞)
ダッフィー主役の新ショーがスタート 東京ディズニーシー(産経新聞)
[PR]
by u2h3rd1n4v | 2010-03-29 19:06