「米国は陸上案を拒否できない」 国民新党・亀井代表(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は12日のTBS番組の収録で、政府が検討している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)を同県名護市の米軍キャンプ・シュワブ陸上部に移設する案について、「米国も移設問題を解決する責任がある。米国の基地の中を使う話なので、米国もダメだとは最終的にいえない。間違いなく5月末までに決着できる」と述べた。

【関連記事】
定例会見は廊下!亀井氏「勝手に模様替えしたな…」
亀井氏、企業献金禁止について「民主党がどうしてもやると言うなら、民主党が自粛すればいい」
亀井氏、有事の核通過は「緊急にやればいい」
亀井氏、小沢氏の進退に言及 「参院選に影響」
首相、亀井氏の企業献金禁止反対に「あの方独特の発想だ」
20年後、日本はありますか?

「神戸マラソン」実施へ=市民参加型市街地コース−来年冬にも、震災復興アピール(時事通信)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
東京入港のシー・シェパード元船長を逮捕…海保(読売新聞)
現場近くに住む主婦「火が強く近寄れなかった」 札幌老人施設火災(産経新聞)
大阪城公園の陥没、排水管の破損が原因(読売新聞)
[PR]
by u2h3rd1n4v | 2010-03-19 09:57